色名(読み)しきめい

百科事典マイペディアの解説

色名【しきめい】

色の名には非常にさまざまなものがあり,地域や国によって独特の名称をもつものも多い。しかも,たとえば色といっても,それにはみをおびたものもあればみをおびたものもある。したがって色名による色の指定は正確なものとはいえない。しかし日常的には便利であるため,JISでは鉱工業品の表面色についての規定を設けている。それによると,有彩色の基本色名は赤,黄赤(だいだい色),黄,黄,緑,緑,青,青紫,紫,赤紫の10種,無彩色は白,明るい灰色,灰色,暗い灰色,の5種である。これに色相,明度および彩度に関する修飾語(赤みの,青みの,うすい,暗い等)をつけて一般色名とする。他に桃色,山吹色,ねずみ色,金色等の慣用色名が126種選ばれ,マンセル表色系の記号で表示されているが,そのうちピンク,茶色,オリーブ色は基本色名に準じて用いられる。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しき‐めい【色名】

〘名〙 色の名前。現在、日本工業規格(JIS)に指定されているマンセル表色系(アメリカ系)、CIE標準表色系(国際照明委員会の決定)のほか、オストワルト表色系(ドイツ系)などを規準としている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色名の関連情報