色名(読み)しきめい

百科事典マイペディアの解説

色名【しきめい】

色の名には非常にさまざまなものがあり,地域や国によって独特の名称をもつものも多い。しかも,たとえば色といっても,それにはみをおびたものもあればみをおびたものもある。したがって色名による色の指定は正確なものとはいえない。しかし日常的には便利であるため,JISでは鉱工業品の表面色についての規定を設けている。それによると,有彩色の基本色名は赤,黄赤(だいだい色),黄,黄,緑,緑,青,青紫,紫,赤紫の10種,無彩色は白,明るい灰色,灰色,暗い灰色,の5種である。これに色相,明度および彩度に関する修飾語(赤みの,青みの,うすい,暗い等)をつけて一般色名とする。他に桃色,山吹色,ねずみ色,金色等の慣用色名が126種選ばれ,マンセル表色系の記号で表示されているが,そのうちピンク,茶色,オリーブ色は基本色名に準じて用いられる。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色名の関連情報