同家(読み)ドウケ

大辞林 第三版の解説

どうけ【同家】

本家を同じくする分家から他の分家をさす語。同じ家筋。
(前に述べた)その家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐け【同家】

〘名〙
① 本家を同じにする分家同士が、互いに呼ぶ称。同じ家筋
※東寺百合文書‐は・暦応四年(1341)四月・若狭太良荘百姓時真重申状「時真令同家于正弘宿所事」
② 同じ家。同じ一家。
※日葡辞書(1603‐04)「Dôqe(ドウケ)。ヲナジ イエ〈略〉 Dôqeni(ドウケニ) スム。または、dôqe(ドウケ) スル」
③ 前に述べたその家。
※ある偽作家の生涯(1951)〈井上靖〉「仕事を大貫家から依嘱され、〈略〉今年の春、京都の同家から、〈略〉返信葉書のついた印刷の通知状を貰ったが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同家の関連情報