憶礼福留(読み)おくらい ふくる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

憶礼福留 おくらい-ふくる

?-? 百済(くだら)(朝鮮)の官吏。
平安左京(京都市)の石野氏の祖。天智天皇2年(663)百済滅亡により日本に亡命。兵法にくわしく,4年筑紫に派遣されて大野城と椽(きい)(基肄)城をきずいた。10年大山下(だいせんげ)の位をさずけられた。氏は憶頼ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android