コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憶礼福留 おくらい ふくる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

憶礼福留 おくらい-ふくる

?-? 百済(くだら)(朝鮮)の官吏。
平安左京(京都市)の石野氏の祖。天智天皇2年(663)百済滅亡により日本に亡命。兵法にくわしく,4年筑紫に派遣されて大野城と椽(きい)(基肄)城をきずいた。10年大山下(だいせんげ)の位をさずけられた。氏は憶頼ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

憶礼福留の関連キーワード大野城(福岡県)基肄城跡木素貴子谷那晋首基肄城水城跡官吏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android