コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懸け路 カケジ

デジタル大辞泉の解説

かけ‐じ〔‐ぢ〕【懸け路】

険しい道。
「えもいはぬ―あり。屏風を立てたるごとくなり」〈今昔・五・四〉
がけの中腹にかけた桟道。かけはし。
「木曽の御坂を越えかねて…―の下の草枕」〈風俗文選・四季辞〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かけじ【懸け路】

がけに木材で棚のように造った道。かけみち。かけはし。 「恐ろしや木曽の-の丸木橋/千載 雑下
険しい道。 「山の-に思う給ふるを/源氏 橋姫

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報