コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風俗文選 フウゾクモンゼン

デジタル大辞泉の解説

ふうぞくもんぜん【風俗文選】

江戸中期の俳文集。10巻5冊。森川許六編。宝永3年(1706)刊。松尾芭蕉および蕉門俳人28人の俳文116編を集め、作者列伝を加えている。本朝(ほんちょう)文選。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

風俗文選【ふうぞくもんぜん】

江戸中期の俳文集。森川許六(きょりく)編。10巻。1706年刊。このときの題名は《本朝文選》芭蕉の〈柴門(さいもん)の辞〉〈幻住庵記〉などをはじめ,其角嵐雪丈草去来,許六ら蕉門俳人の俳文を集め,作者列伝をそえたもの。
→関連項目俳文

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふうぞくもんぜん【風俗文選】

江戸中期の俳文撰集。10巻9冊。5冊本もある。芭蕉の遺志を継ぐ最初の俳文集で,蕉門の許六(きよりく)編。1706年(宝永3)9月に京の井筒屋庄兵衛から《本朝文選》と題して刊行。巻頭に李由序・去来序・支考序・許六序・作者列伝・目録があり,本文の最後に汶村後序,巻末に許六門人孟遠らの跋がある。本文は蕉門俳人28名の作品約120編を,《古文真宝後集》などに倣い,辞・賦・譜・説・解・記・紀行・序・箴・銘・誄・歌・文・伝・碑・弁・表・論・頌・讃賛・書に分類して収める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふうぞくもんぜん【風俗文選】

俳文集。一〇巻五冊。森川許六きよろく編。1706年刊。芭蕉および蕉門俳人二八人の俳文約一二〇編を、「古文真宝後集」に倣って辞・賦・紀行などの二一類に分けて収める。蕉門初の俳文集。初めの書名「本朝文選」をのち「風俗文選」と改めた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風俗文選
ふうぞくもんぜん

本朝文選」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風俗文選
ふうぞくもんぜん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

風俗文選の関連情報