コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桟道 サンドウ

2件 の用語解説(桟道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さん‐どう〔‐ダウ〕【桟道】

山のがけの中腹に棚のように張り出してつくった道。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の桟道の言及

【四川[省]】より

…ただ,漢の勢力が及んだのは現四川省では四川盆地および南西部までで,西部高原の雅礱江や大渡河,金沙江の上流部は西羌(せいきよう),白狼夷(はくろうい)の地であった。当時,黄河水系渭水盆地がもっとも開けており,漢中から北の秦嶺を越える〈桟道〉の一つ,渭水と漢水とを結ぶ〈褒斜(ほうしや)道〉も開通,河底を深く掘削できなかったため,水路は利用不可能であったが陸路は完成した。後漢には嘉陵江上流,陝西南部の西漢水流域まで開発が及び,一部,航運が可能となった。…

【橋】より

…秦の始皇帝が渭水(いすい)の両岸に築いた長楽・咸陽両宮の間に架けられた橋は支間68,柱750本からなる木造の桁橋であり,漢代の壁画に中段を高く上げた橋の描写がある。秦・漢時代には,閣道という宮殿を連絡する重層の廊や桟道(さんどう)という山の斜面に架ける木造歩道も出現し,画像にはアーチ橋や肘木橋のような梯橋も見え,橋梁技術がすでに一定の進歩をとげたと推定される。桁橋は以後も広範に用いられ,遺構も数多い。…

※「桟道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桟道の関連情報