コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御坂 みさか

3件 の用語解説(御坂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御坂
みさか

山梨県中部,笛吹市南東部の旧町域。甲府盆地の南東部に位置し,笛吹川の支流金川左岸の扇状地と上流域一帯を占める。 1955年錦生村,黒駒村が合体して町制。 1958年花鳥村の一部を編入。 2004年石和町,一宮町,八代町,境川村,春日居町と合体して笛吹市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御坂
みさか

山梨県中部、東八代(ひがしやつしろ)郡にあった旧町名(御坂町(ちょう))。現在は笛吹(ふえふき)市の中央部を占める一地区。1955年(昭和30)錦生(きんせい)、黒駒(くろこま)の2村が合併して町制施行。2004年(平成16)春日居(かすがい)町、石和(いさわ)町、一宮(いちのみや)町、八代(やつしろ)町、境川(さかいがわ)村と合併、市制施行して笛吹市となる。旧町域は、甲府盆地の南東縁御坂山地から流れ出る金(かね)川の扇状地上に広がる。国道20号、137号が通じ、中央自動車道の一宮御坂インターチェンジが近い。律令(りつりょう)期国衙(こくが)に国府(こくふ)が置かれ甲斐(かい)国を統治した古い歴史をもつ。明治以降、養蚕が盛んで畑の多くは桑園であったが、昭和30年代以降はモモ、ブドウの栽培が盛んとなり、耕地の98%が果樹園で果樹農村へと変容している。石和(いさわ)から御坂峠を経て河口湖に至る国道137号は古くは鎌倉往還の要路であったが、いまは沿線に観光ブドウ園が軒を並べている。国指定重要文化財として、美和(みわ)神社の木造大物主(おおものぬし)神立像、称願(しょうがん)寺の木造他阿上人真教(たあしょうにんしんきょう)坐像、福光園(ふくこうおん)寺の木造吉祥天(きっしょうてん)および二天像がある。ゴルフ場、スキー場などもある。[横田忠夫]
『『御坂町誌』(1971・御坂町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御坂の関連情報