コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦略ミサイル せんりゃくミサイルstrategic missile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戦略ミサイル
せんりゃくミサイル
strategic missile

相手国の政治,経済の中枢,国力の根源を破壊し,あるいは相手の戦略兵力を破壊し,またはその潜在力によって相手国の攻撃を抑止するのを目的とするミサイル。大きな射程(大陸間射程),大破壊力(メガトン級熱核兵器),敵の先制第一撃からの残存性,防御に対する突破性を必要とする。地下基地大陸間弾道ミサイル ICBM原子力潜水艦搭載の潜水艦発射弾道ミサイル SLBMが戦略ミサイル体系のおもなものである。弾道ミサイル迎撃ミサイル ABMに対する防御突破性と目標に対する破壊効果を向上させるため,機動式弾頭 MaRV,複数独立目標弾頭 MIRVが装備され,また残存性を高めるためアメリカでは ICBMを潜水艦に搭載する型式の長距離ミサイル,トライデント D-5を開発,実用配備した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の戦略ミサイルの言及

【ミサイル】より


[第2次大戦後のミサイル競争]
 戦後,ソ連はいち早くペーネミュンデ研究所やロケット工場を占領し,多くの研究資料,技術者を本国へ送り,アメリカもV2とブラウンらの技術者を入手し,こうしてドイツで始まったミサイルは,以後,米ソの競争の下で究極兵器といわれるまでに進歩する。 相手国の政治,軍事,産業の中枢を破壊し,戦争遂行能力を奪う戦略爆撃は,第2次大戦において大規模に実施され,連合軍側の勝利に大きく貢献したが,第2次大戦末期に原子爆弾が出現すると,この大破壊力をもつ核兵器を長距離運搬する手段が重要な課題となり,ミサイルもその一環として検討されることになった(なお,この種のミサイルは後日戦略ミサイルと呼ばれることになる)。アメリカでは大戦中の戦略爆撃機の存在があまりに大きく,戦後もこれの開発が引き続き進められた。…

※「戦略ミサイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戦略ミサイルの関連キーワードボーイング(Boeing Co.)第1次戦略兵器制限取決め海戦(海上で行う戦闘)ロッキード・マーティンロッキード・マーチンセルゲイ イワノフウォールステッター中国人民解放軍南シナ海問題巡航ミサイルミニットマンウクライナ戦略・戦術SATKAデルタIV李 継耐SDIソルトASW海軍

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦略ミサイルの関連情報