根源(読み)コンゲン

デジタル大辞泉「根源」の解説

こん‐げん【根源/根元/根原】

物事の一番もとになっているもの。おおもと。根本。「腐敗政治の―を絶つ」「諸悪の―」
物事の始まり。「紛争の―となる事件」「―をさかのぼる」
本家。元祖。
「お茶の湯の―とも言はるる秦野官翁に向かひ」〈伎・三十石艠始〉
[類語]始まり始め起源源流本元物種温床濫觴源泉根本起こり発端端緒嚆矢糸口とば口取っ掛かり手掛かり足掛かり道を付ける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「根源」の解説

【根源】こんげん

事物のもと。の子)、書を城南に読む〕 (くわうらう)(にわか水)根源無し (あした)に滿つるも、に除(さ)る

字通「根」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android