中枢(読み)ちゅうすう

精選版 日本国語大辞典「中枢」の解説

ちゅう‐すう【中枢】

〘名〙 (「枢」は戸のくるるで、開閉を自由にする重要なところ)
① 中心となるたいせつなところ。重要な部分。枢軸。〔新編教育学(1894)〕
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一「金融機関の中枢(チウスウ)である取引所を閉鎖せしめた」 〔太玄経‐周〕
② 中央政府の称。〔劉禹錫‐和令狐相公初帰京国言懐詩〕
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉五「尖(とがり)て点(ピント)の如く一中枢(チウスウ)を合成し、其尖点恰(ほどよ)く脳筋衣(なうきんい)に達すれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「中枢」の解説

ちゅう‐すう【中枢】

中心となる大切なところ。重要な部分。「経済の中枢をなす」「中枢部」
中枢神経系」または「神経中枢」に同じ。「中枢に作用する薬」「感覚中枢

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android