コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戴冠石 たいかんせきStone of Scone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戴冠石
たいかんせき
Stone of Scone

スクーンの石」とも呼ばれ,スコットランド王が戴冠式のときすわった石。現在はイギリス王の戴冠のとき使われる。古く政治上の要地であったパース郊外のスクーンにあった。 1296年イングランド王エドワード1世がスコットランドに遠征した際,石を奪ってウェストミンスターに運び,みずからスコットランド王を称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android