戴冠(読み)たいかん

精選版 日本国語大辞典「戴冠」の解説

たい‐かん ‥クヮン【戴冠】

〘名〙 頭にをいただくこと。特に、君主即位したしるしに初めて宝冠を頭にのせること。
※ル・パルナス・アンビュラン(1910)〈森鴎外〉「冠者や大統領は扨置き」 〔韓詩外伝‐巻二〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「戴冠」の解説

【戴冠】たいかん(くわん)

冠をいただく。〔韓詩外伝、二〕(の)に冠を戴くなり。足に(けづめ)を(つ)くるなり。に在りて敢鬪するなり。を得て相ひぐるはなり。夜を守りて時を失はざるはなり。

字通「戴」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の戴冠の言及

【ヨーロッパ】より

…それだけにキリスト教的統一文明という意識の存在意義は大きいのであるが,宗教史の問題はここでは一応おくとして,広く歴史的世界としてのヨーロッパを考えた場合,それが〈成立〉したということの意味を,どういう視角からとらえればよいのであろうか。 歴史的世界としてのヨーロッパの成立を説くためには,政治・法制史的にはほぼ3世紀のローマ帝国の衰微期から,ゲルマン民族大移動期を経て,800年のカール大帝の戴冠まで,社会・経済史的にはさらに下って11,12世紀における〈商業の復活〉つまり中世都市の成立期までを視野に入れる必要がある。しかしこの数世紀にわたる漸次の変化を具体的内容に即して概説することはとうてい不可能であるから,ここでは〈ヨーロッパ〉を考える上で最も特徴的な,この時期の変化を指摘するにとどめたい。…

※「戴冠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android