コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

房州 ボウシュウ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐しゅう〔バウシウ〕【房州】

安房(あわ)国の異称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

藩名・旧国名がわかる事典の解説

ぼうしゅう【房州】

安房国(あわのくに)

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうしゅう【房州】

安房あわ国の別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の房州の言及

【安房国】より

…旧国名。現在の千葉県南部。
【古代】
 東海道に属する中国(《延喜式》)。718年(養老2),北の上総国の平群(へぐり),安房,朝夷(あさひな),長狭(ながさ)4郡を分割して,安房国を建てた。その後,741年(天平13)にもとの上総国に併合されたが,757年(天平宝字1)ふたたび分立して安房国となった。かつて《国造本紀》に成務朝に定まったと伝える阿波国造と,《古事記》神武天皇段にみえる長狭国造の地域であった。…

※「房州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

房州の関連情報