安房(読み)あわ

精選版 日本国語大辞典「安房」の解説

あわ あは【安房】

[一] 東海道一五か国の一つ。養老二年(七一八上総(かずさ)から分かれ、安房・平群・長狭・朝夷の四をもって一国となる。室町時代以後、斯波(しば)結城里見などの諸氏が支配し、近世には勝山館山等五藩に分かれる。廃藩置県後は四県に分かれ、木更津県を経て明治六年(一八七三)千葉県の一部となった。房州
[二] 千葉県南端の郡。明治三〇年(一八九七)平(へい)・長狭・朝夷の三郡を合併し、旧安房国全域を占める郡となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android