コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所得税法 ショトクゼイホウ

デジタル大辞泉の解説

しょとくぜい‐ほう〔‐ハフ〕【所得税法】

所得税について定めた法律。明治20年(1887)制定、改正等を経て現行法は昭和40年(1965)制定。昭和15年(1940)に法人税法が独立。→租税法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

所得税法の関連キーワード損害保険料の所得控除制度海外投資で得た所得の申告キャピタル・ゲイン課税少額貯蓄非課税制度生命保険の一時金所得税法の付則勤労学生控除給与所得控除租税危害犯みなし配当障害者控除質問検査権配偶者控除公的年金等一時所得租税犯罪平均課税事業所得収用と税退職と税

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

所得税法の関連情報