コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所得税法 ショトクゼイホウ

デジタル大辞泉の解説

しょとくぜい‐ほう〔‐ハフ〕【所得税法】

所得税について定めた法律。明治20年(1887)制定、改正等を経て現行法は昭和40年(1965)制定。昭和15年(1940)に法人税法が独立。→租税法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

所得税法の関連キーワード海外投資で得た所得の申告少額貯蓄非課税制度生命保険の一時金所得税法の付則寡婦(夫)控除勤労学生控除給与所得控除租税危害犯みなし配当公的年金等非課税所得質問検査権障害者控除配偶者控除扶養控除寡婦控除退職と税収用と税課税所得扶養親族

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

所得税法の関連情報