コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法人税法 ホウジンゼイホウ

デジタル大辞泉の解説

ほうじんぜい‐ほう〔ハフジンゼイハフ〕【法人税法】

法人税について定めた法律。昭和15年(1940)に所得税法から独立、現行法は昭和40年(1965)制定。平成10年(1998)以降、企業活動の国際化・IT化などの変化に対応するため、企業再編成税制や連結納税制度の導入など、改正がしばしば行われている。→租税法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

法人税法の関連キーワード税務上の繰り延べ資産高額所得法人の公示法人税等・課税所得特定公益増進法人無料低額診療制度適格退職年金契約租税特別措置法使用人兼務役員貸倒れ引当金連結納税制度確定決算主義適格退職年金みなし配当益金・損金吉国 二郎非課税所得租税危害犯賞与引当金償却資産制度会計

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法人税法の関連情報