コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手織(り)機 テオリバタ

2件 の用語解説(手織(り)機の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ており‐ばた【手織(り)機】

人の手足で操作する織機。地機(じばた)・高機(たかばた)など。手機(てばた)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の手織(り)機の言及

【織機】より

…(1)を開口,(2)を緯入れ,(3)を緯打ちといい,この一連の運動を繰り返すことにより,所定の組織をもった織物を作ることができる(図1)。これらの操作を手足で行う織機を手織機(ておりき)または手機(てばた)といい,動力で運転するものを力織機という(図2‐a,図2‐b)。次に力織機を例にとり説明してみよう。…

【手機】より

…手織機(ておりき)ともいう。手足で操作する織機で,原始機(竪機,水平機),地機(じばた),高機(たかばた),空引機(そらびきばた)などが含まれる。…

※「手織(り)機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone