手足(読み)しゅそく

精選版 日本国語大辞典「手足」の解説

しゅ‐そく【手足】

〘名〙
① 手と。四。てあし。また転じて、体全部。
※観智院本三宝絵(984)上「頭目手足を与ふる事石土くれ抛げむ従も安し」
※浮世草子・傾城禁短気(1711)四「嵐烈しく北時雨もいたく降りて、手足(シュソク)も冷へわたりて」 〔孟子‐離婁・下〕
② 兄弟のたとえにいう。〔梁書‐高祖三王伝〕
③ 手や足のように、ある人の意のままに働く者。配下の者。部下。股肱(ここう)。〔文明本節用集(室町中)〕
※暴風裏花(1926)〈幸田露伴〉「次第次第に官軍は日一日と勢を殺がれ手足(シュソク)を失ふやうになりました」

て‐あし【手足】

〘名〙
① 手と足。四肢(しし)。しゅそく。
※書紀(720)敏達一四年八月(前田本訓)「手脚(テアシ)揺震(わななきふる)ひて誄(しのひこと)たてまつる」
※読本・春雨物語(1808)樊噲下「此北国に冬籠りして、山中に湯あみし、手足ゆるびたれば」
② その人の手や足と同じように、思いどおりになること。また、そのような人。もっともたよりになるもの。
※解体の日暮れ(1966)〈杉浦明平〉「皿井が手足で、すべて皿井と相談しとるずら」

て‐だり【手足】

〘名〙 (「てたり」とも) 技芸などのすぐれていること。腕まえがすぐれていること。腕きき。手きき。手だれ。
※無名抄(1211頃)「後徳大寺の大臣(おとど)は左右なき手だりにていませしかど」
※源平盛衰記(14C前)一五「寺法師に大矢の秀定・渡辺清、究竟の手(テ)だりなりけるが」

て‐だれ【手足】

〘名〙 (「てたれ」とも) 「てだり(手足)」の変化した語。
※平家(13C前)一一「手だれにねらうていおとせとのはかりことと」
※太平記(14C後)一七「扇を射て手垂(テタレ)の程を見せたりし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手足」の解説

て‐あし【手足】

手と足。しゅそく。
ある人の思いどおりに動く人。「主人の手足となって働く」

しゅ‐そく【手足】

手と足。てあし。
ある人のために、手足のように働く者。配下の者。部下。「社長の手足となる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android