手置帆負神(読み)たおきほおいのかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「手置帆負神」の解説

手置帆負神 たおきほおいのかみ

日本書紀」にみえる神。
紀伊(きい)の忌部(いんべ)の。国ゆずり・国土平定の話に登場し,笠づくりの役目をになった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android