打ち上げ保険(読み)うちあげほけん(英語表記)launch insurance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

打ち上げ保険
うちあげほけん
launch insurance

ロケットによる人工衛星打ち上げに際し,打ち上げ失敗などに備える保険。通常は,ロケット第1段に点火したときから,人工衛星を軌道上で点検し,利用を開始するときまでの間を保険期間とし,人工衛星の製作費,ロケット打ち上げ料金を付保対象とする。人工衛星を打ち上げ,利用する場合,打ち上げ時の危険が一番高いため,宇宙関連保険の中で最も早く整備された。保険は,人工衛星の種類等を考慮して,個別に設計され,保険料率は,90年現在 20%前後となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android