コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打ち延へ ウチハエ

デジタル大辞泉の解説

うち‐はえ〔‐はへ〕【打ち延へ】

[副]《動詞「うちはう」の連用形から》ある動作が長く続くさま。引き続き。ずっと。
「雨の―降るころ」〈・一〇三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うちはえ【打ち延へ】

( 副 )
〔動詞「うちはふ」の連用形から〕
引き続き。長い間。 「若き人だに子を思ひて、-独り臥しをせらるるに/宇津保 楼上・下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

打ち延への関連キーワード連用形ころ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android