打ち延ふ(読み)ウチハウ

デジタル大辞泉の解説

うち‐は・う〔‐はふ〕【打ち延ふ】

[動ハ下二]長く延びる。引き続く。長く引き延ばす。
「栲縄(たくなは)の千尋縄(ちひろなは)―・へて釣り為し」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちはう【打ち延ふ】

( 動下二 )
長く伸ばす。長々と延べわたす。 「栲たく縄の千尋ちひろ縄-・へ釣為し海人の/古事記 上訓
ずっといつまでも続く。長期にわたる。 「 - ・へて思ひし小野は/万葉集 3272

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android