打ち撒き(読み)ウチマキ

デジタル大辞泉の解説

うち‐まき【打ち×撒き】

魔よけのために米をまき散らすこと。また、その米。散米(さんまい)。花米(はなしね)。
「―し散らしなどして、みだりがはしきに」〈横笛
神前に供える米。
「御幣紙(ごへいがみ)、―の米程の物」〈宇治拾遺・六〉
米をいう女房詞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちまき【打ち撒き】

悪霊よけのまじないとして米をまくこと。また、その米。散米。 「祓はらへすとも、-に米よねいるべし/宇津保 藤原君
神に供える米。 「御幣紙、-の米ほどの物/宇治拾遺 6
〔もと女房詞〕 米。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android