打填・打嵌(読み)うちはむ

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐は・む【打填・打嵌】

〘他マ下二〙 (「うち」は接頭語)
① 中へ入れる。投げ入れる。ほうり込む。
※万葉(8C後)一七・三九四一「鶯の鳴くくら谷に宇知波米(ウチハメ)て焼けは死ぬとも君をし待たむ」
※土左(935頃)承平五年二月五日「『まなこもこそ二つあれ。ただ一つある鏡をたいまつる』とて海にうちはめつればくちをし」
② はめ込んで動かないようにする。押し込める。
※落窪(10C後)一「旅にては縫物やあらむとする。なほありかせそめじ。うちはめておきたるぞよき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android