打払(読み)うちはらう

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐はら・う ‥はらふ【打払】

〘他ワ五(ハ四)〙
① 除き捨てる。叩いたり、横に打ったりして取り除く。
※万葉(8C後)一五・三六二五「わが尾には 霜な降りそと 白たへの 羽さしかへて 宇知波良比(ウチハラヒ) さ寝(ぬ)とふものを」
※源氏(1001‐14頃)宿木「いとしげう侍りし道の草も、すこし、うちはらはせ侍らんかし」
② ちり、くずなどを除き清める。掃いたりふるったりしてきれいにする。
※万葉(8C後)一一・二六六七「真袖(まそで)もち床(とこ)打払(うちはらひ)君待つと居りし間に月かたぶきぬ」
※曾我物語(南北朝頃)一二「二間(ま)なる道場をうちはらひ、これへと請じ入れつつ」
③ 打ちかかったり、払ったりして追いのける。払いのける。
※古事記(712)上「其の蛇咋(く)はむと将ば、此の比礼(ヒレ)を以て三たび挙(ふ)りて打撥(うちはらひ)たまへ」
※虎明本狂言・連歌毘沙門(室町末‐近世初)「びしゃもんれんがの面白さに、悪魔降伏うちはらふ鉾を汝にとらせけり」
④ (打払・撃払) 銃砲などを撃って敵を追い散らす。
※御触書天保集成‐一〇五・文化四年(1807)一二月「大目付え〈略〉、おろしゃ船と見請候はば、厳重に打払ひ」

ぶっ‐ぱら・う ‥ぱらふ【打払】

〘他ワ五(ハ四)〙
① 追い払う。打ち払う。また、切り殺す。
※浄瑠璃・雪女五枚羽子板(1708)厄払ひ「悪魔外道ぶっぱらって、西の海へぶんなげろ」
② 金を支払う。あり金をはたいて払う。財布の底をはたく。
洒落本・傾城買指南所(1778)「かくぶっぱらッて、女郎かひはならぬ事なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android