打掛素袍(読み)うちかけすおう

精選版 日本国語大辞典「打掛素袍」の解説

うちかけ‐すおう ‥スハウ【打掛素袍】

〘名〙 素袍のを、に着込めないで、ただから掛けて着る略式の着方。かけすおう。
※宗五大草紙(1528)人の召仕れ候仁心得らるべき事「又歯をくろめたる人のかねを付ぬは狼藉なり。うちかけ烏帽子、打かけすはう 同前」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「打掛素袍」の解説

うちかけ‐すおう〔‐スハウ〕【打掛素×袍】

素袍の裾をはかまの内に入れないでおく略式の着方。かけすおう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android