コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)放し ウチハナシ

デジタル大辞泉の解説

うち‐はなし【打(ち)放し】

コンクリート建築で、形枠(かたわく)を外したあとにタイルやれんがを張らず、素地そのままを仕上げとする方式。うちっぱなし。
ゴルフなどで、球を打ったままにすること。また、そのような形態の練習場。うちっぱなし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

打(ち)放しの関連キーワードユニテ・ダビタシオン住吉の長屋安藤忠雄

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android