コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扶桑集 ふそうしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扶桑集
ふそうしゅう

平安時代中期の漢詩集。紀斉名 (きのただな) 撰。 16巻。長徳年間 (995~999) 成立。文徳天皇から冷泉天皇まで9代にわたる漢詩人 76人の作品を分類したもの。現在は巻七と巻九 (ともに巻首を欠く) しか残っていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふそうしゅう〔フサウシフ〕【扶桑集】

平安中期の漢詩集。16巻。7巻・9巻のみ現存。紀斉名(きのただな)撰。長徳年間(995~999)成立。平安中期の漢詩を収める。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふそうしゅう【扶桑集】

漢詩集。一六巻。紀斉名きのただな撰。長徳年間(995~999)成立。平安中期の詩を集めたものという。現存は二巻、二四人一〇二篇。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

扶桑集の関連キーワード夫木和歌抄扶桑略記本朝文粋菅原淳茂菅原文時大江朝綱惟良春道都良香小野篁橘在列源順

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android