コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀斉名 きのただな

6件 の用語解説(紀斉名の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀斉名
きのただな

[生]康保3(966)?
[没]長保1(999).12.15.
平安時代中期の漢詩人。旧姓を田口といい,のちに紀氏に改めた。橘正通に学んで対策 (たいさく) に及第し,式部少輔や大内記などに任じられた。一条天皇の頃の名儒として知られ,大江以言 (これとき) と拮抗するといわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀斉名 きの-まさな

きの-ただな

紀斉名 きの-ただな

957-1000* 平安時代中期の官吏,漢詩人。
天徳元年生まれ。橘正通(まさみち)にまなび,対策(官吏登用試験)に及第。一条天皇の長徳年間に大内記となり,詔勅をつくり,漢詩集「扶桑集」の編集にあたった。「本朝文粋」「和漢朗詠集」に詩文をのこしている。長保元年12月15日死去。43歳。本姓は田口。名は「まさな」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

紀斉名

没年:長保1.12.15(1000.1.24)
生年:天徳1(957)
平安中期の文人。本姓は田口,のち改姓。橘正通に師事し,永延年間(987~89)に方略試(官人登用試験)に及第。のち大内記,式部少輔などを歴任。名文家として知られ,「当時(一条朝)の名儒」と称される一方,大江匡房からその文体について古典を尊重しすぎて新意が全くないと酷評される(『江談抄』)など,悪評も目立つ。長徳3(997)年,延喜以後7朝の漢詩を『扶桑集』(12巻)として編集しているが,これについても匡房は批判的。この『扶桑集』は没した翌年,妻から時の左大臣藤原道長に献上されている。家集『斉名集』は藤原通憲蔵書目録(12世紀前半)に載るが現存せず,その詩文は『本朝文粋』などに収められる。一説に享年は34とも。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きのただな【紀斉名】

957‐999(天徳1‐長保1)
平安時代の詩文家。本姓は田口,のち紀氏に改めた。橘正通について学び,尾張掾のとき対策に及第し,一条天皇の長徳年中(995‐999)大内記となって詔勅を作り,宋国返牒などを書いた。詩文は伝統を尊重して〈新意なし〉(大江匡房《江談抄》)とも言われたが,〈極楽の尊を念じたてまつること一夜,山月正に円(まどか)なり。勾曲の会に先(さい)だてること三朝,洞花落ちなむとす〉(《和漢朗詠集》)など愛誦された句も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀斉名
きのただな
(957―999)

平安中期の漢詩人。本姓は田口、のちに紀姓に改める。永延(えいえん)年間(987~989)に方略試に及第。長徳(ちょうとく)年中(995~999)大内記当時、漢詩集『扶桑集(ふそうしゅう)』の編纂(へんさん)にあたった。ただし生前には完成せず、死後、藤原道長によって奏覧に供された。『紀斉名集』1巻があったが現存しない。作品は『本朝文粋(ほんちょうもんずい)』に賦(ふ)、詩序、対策(官吏登用試験の答案)などが、『和漢朗詠集』『類聚(るいじゅう)句題抄』『江談抄(ごうだんしょう)』『新撰(しんせん)朗詠集』などに詩が、断片も含めて60余首残っている。表現は平易で、白楽天の影響が強くうかがえる。[金原 理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の紀斉名の言及

【本朝文粋】より

…14巻。詩中心の総集《扶桑集》(紀斉名(ただな)撰)に対して,日本最初の文中心の総集。編者は藤原明衡(あきひら)。…

※「紀斉名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

紀斉名の関連キーワード村田春門扶桑集文語文法粟田口国頼粟田口慶羽円覚(1)佐々木仁里楽左入楽長入劉琴渓

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone