コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承知の幕 ショウチノマク

デジタル大辞泉の解説

しょうち‐の‐まく【承知の幕】

江戸時代、役者の間で使われた語から》承知していること。
「『あい、そんならざっとやらかしておくれ。垢はよらずといいよ』『おっと―さ』」〈滑・浮世風呂・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうちのまく【承知の幕】

〔近世、役者の間で用いられた語から〕
承知していること。 「『貴様を頼むは』『-さ』/歌舞伎・お染久松色読販」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

承知の幕の関連キーワード近世

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android