コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投票機械 とうひょうきかいvoting machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

投票機械
とうひょうきかい
voting machine

主としてアメリカ大都市で採用されている投票のための機械。 1892年ニューヨーク州ロックポートで初採用され,その後各州の大都市に採用されている。正確,迅速,投票秘密の保持,投票詐欺の防止などの長所があり,長期間にわたれば選挙管理費が節約できるが,大規模な選挙の行われる富裕な国でないと,あまり効果的ではない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

投票機械の関連キーワード電子投票

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

投票機械の関連情報