コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保持 ほじretention

翻訳|retention

5件 の用語解説(保持の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保持
ほじ
retention

心理学用語。把持 (はじ) ともいう。先行の経験をたくわえ,保存している状態またはその機能を意味し,学習,記憶,習慣などの前提をなす。経験が保持されているかどうかは,一般に再生再認などによって測定される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐じ〔‐ヂ〕【保持】

[名](スル)ほじ(保持)

ほ‐じ〔‐ヂ〕【保持】

[名](スル)
保ちつづけること。持ちつづけること。「タイトルを保持する」
心理学で、記憶痕跡が存続していること。一度記憶したことが潜在的に残っていること。把持(はじ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうじ【保持】

ほじ(保持) 」に同じ。

ほじ【保持】

( 名 ) スル
保ちつづけること。持っていること。 「第一人者の地位を-する」
〘心〙 記憶の第二段階で、記銘された経験内容が量的には減少し質的には変容しながらも残存・維持される過程。把持。 → 記銘再生

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保持の関連情報