保持(読み)ほじ

精選版 日本国語大辞典「保持」の解説

ほ‐じ ‥ヂ【保持】

〘名〙
① たもち続けること。もち続けること。ほうじ。
※正法眼蔵(1231‐53)行持「天衆の宮殿おだいかなり、人間の国土も保持せるなり」 〔阮籍‐詠懐詩〕
② ささえること。かばうこと。〔嵆‐与山巨源絶交書〕
③ 一度記憶したことが心に残っていること。学習の後の再生、再認、再学習によって確かめることができる。
※林檎の下の顔(1971‐73)〈真継伸彦〉一「くりかえし思いだすことによって脳裡に刻みこみ、今日まで保持してきた」

ほう‐じ ‥ヂ【保持】

〘名〙 =ほじ(保持)〔文明本節用集(室町中)〕
朝日新聞‐明治四四年(1911)一一月一三日「我居留民の安全必ずしも保持(ホウヂ)し難きものあるに至り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「保持」の解説

保持
ほじ
retention

心理学用語。把持 (はじ) ともいう。先行の経験をたくわえ,保存している状態またはその機能を意味し,学習,記憶,習慣などの前提をなす。経験が保持されているかどうかは,一般に再生再認などによって測定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「保持」の解説

ほ‐じ〔‐ヂ〕【保持】

[名](スル)
保ちつづけること。持ちつづけること。「タイトルを保持する」
心理学で、記憶痕跡が存続していること。一度記憶したことが潜在的に残っていること。把持はじ
[類語]維持握る押さえる制する掌握確保独占占有手中に収める・我が物にする・支配

ほう‐じ〔‐ヂ〕【保持】

[名](スル)ほじ(保持)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「保持」の解説

【保持】ほじ(ぢ)

たもつ。康〔山巨源(濤)に与へて交はりを絶つ書〕禮法の士の繩(じよう)すると爲るに至りては、之れを疾(にく)むこと讐(かたき)の如し。幸ひに大將軍に(よ)りて、之れを保持するのみ。

字通「保」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android