防止(読み)ふせぎとめる

精選版 日本国語大辞典「防止」の解説

ふせぎ‐と・める【防止】

〘他マ下一〙 ふせぎと・む 〘他マ下二〙 いで手の勢いをとめる。
多武峰少将物語(10C中)「山風もふせきとめつるかはぎぬのうれしきたびに袖ぞぬれぬる」

ぼう‐し バウ‥【防止】

〙 ふせぎとめること。
※明六雑誌‐一二号(1874)政論・三〈津田真道〉「各種の議員国是を討論して以て政府の擅制を防止す」 〔易経疏‐大畜卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「防止」の解説

【防止】ぼう(ばう)し

防ぎとめる。〔墨子、兼愛下〕我以爲(おも)へらく、人のねて相ひ愛し、(こもごも)相ひ利するに就くに於けるは、之れを譬(たと)ふれば、ほ火の上に就き、水の下(ひく)きに就くがごとし。天下に防止すべからず。故になるは、なり。

字通「防」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android