防止(読み)ふせぎとめる

精選版 日本国語大辞典の解説

ふせぎ‐と・める【防止】

〘他マ下一〙 ふせぎと・む 〘他マ下二〙 防いで相手の勢いをとめる。
※多武峰少将物語(10C中)「山風もふせきとめつるかはぎぬのうれしきたびに袖ぞぬれぬる」

ぼう‐し バウ‥【防止】

〘名〙 ふせぎとめること。
※明六雑誌‐一二号(1874)政論・三〈津田真道〉「各種の議員国是を討論して以て政府の擅制を防止す」 〔易経疏‐大畜卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐し〔バウ‐〕【防止】

[名](スル)防ぎとめること。「少年の非行を防止する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android