コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗甲状腺薬

栄養・生化学辞典の解説

抗甲状腺薬

 甲状腺ホルモンの生産,分泌が亢進した場合に用いる薬で,ヨウ素のチログロブリンへの取り込みを阻害したりホルモンの合成を阻害する薬剤が使われる.チオウラシルなどのチオカルバミド,メチルメルカプトイミダゾールなどのイミダゾール化合物など.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

抗甲状腺薬の関連キーワード白血球減少症(好中球減少症/無顆粒球症)慢性の病気をもつ人の妊娠、出産の注意バセドウ病(グレーブス病)乳汁中への服用薬剤の排出プロピルチオウラシル薬剤による脱毛症抗甲状腺物質

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android