コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜け荷 ぬけに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抜け荷
ぬけに

出買 (でがい) ,抜け買,仲買ともいう。江戸時代密貿易。当時外国貿易にはきびしい制限が加えられ,長崎会所を通さないと許されなかったが,密貿易は絶えなかった。幕府禁令も効果がなく,幕末には諸藩でも抜けが行われるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぬけに【抜け荷】

江戸時代、幕府の禁令を破って行われた密貿易。当時、外国との取引は長崎会所を通して行われ、厳重に統制されていた。出買い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

抜け荷の関連キーワードロールオン・ロールオフ船新潟(市)八幡船抜荷八幡

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抜け荷の関連情報