コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲買 なかがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仲買
なかがい

江戸時代の商人,または商行為の一つ。生産者または荷主と問屋,問屋と小売人の中間に介在し,自己の名において商取引をする者,またはその商行為をいう。このような売買仲介者を室町時代には牙僧 (すあい) といったが,江戸時代には,仲買と問屋,問屋と小売人の間の小取引の仲介者を牙僧といい仲買と区別した。仲買は株仲間をつくって独占的組織をもち,江戸時代末期には,商品の購入,販売を独自で行うものも現れ,問屋との区別が不明確となった。別に抜け荷の別称にこの語がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なか‐がい〔‐がひ〕【仲買】

物品や権利の売買の媒介をして営利をはかること。また、それを業とする人。ブローカー。「仲買人」
[補説]仲買は、卸売業者小売業者の間に介在して大口の商品を分け売りしたり、複数の生産者から生産物を買い集めて卸売業者に売り込むなど、商品流通の過程で売買取引を円滑化する役割も果たしている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なかがい【仲買】

一般には問屋(といや)と小売店の中間にあって問屋から仕入れた荷を小口にして販売する中間商人をいう。問屋どうしの取引の際,中間に立って売買契約を取り次ぎ,自分の意思での売り買いはせず在庫ももたないブローカーをも含める。ブローカーは仲立人(なかだちにん),仲介人(ちゆうかいにん)とも呼ばれる。 法定商品市場の商品取引所では商品取引員の旧称である商品仲買人の略称,また卸売市場では仲卸業者の通称。商品取引所の商品取引員は商品取引所法で定める会員のうち〈売買の媒介,取次ぎもしくは代理(商品市場での売買取引の取次ぎを含む)〉者という規定に当てはまる仲買業者である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なかがい【仲買】

売り手と買い手(生産者と問屋、問屋と小売商など)の間に立って、物品や権利の売買の仲介をおこない、営利をはかること。また、それを職業とする人。仲買業。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の仲買の言及

【商業】より

…(3)1868年(明治1)〈商法大意〉を発布して,自由取引の原則を宣言した。以上の諸変化にもかかわらず,江戸期以来の問屋仲買,小売などの商人仲間は,自分たちの権益を守るためにアウトサイダーの同業仲間への加入を制限したり,部外者が同業を営むのを妨害したりした。もっとも部外者のなかには粗悪品を売ったり,商取引ルールを破ったりする者もいて,同業者や消費者に迷惑をかけたりする場合があったので,同業者仲間(組合)も取引を円滑にする効用があった。…

【商人】より

…これらの商人は蔵元,両替商,米商,呉服商,木綿問屋,油問屋,海運業などの専門の職種を基本としたが,大規模になると兼業となった場合が多かった。 諸地方から多種類の商品の販売を委託されて,各商品をそれぞれ専門の問屋仲買へ売りさばき,口銭を取ったのは荷受問屋であった。都市によっては万(よろず)問屋とか,大問屋といわれた。…

【問屋】より

…都市の性格の違いによって問屋の種類や機能は多様であったし,時代とともにその性格も変化した。
[問屋の種類]
 生産地には買集問屋,荷積問屋,船持などがあり,集散地には荷受問屋があり,さらに荷受問屋から商品を引き受け,小売人に売り渡す仲買がいた。仲買は他地方の商人に対して大量の商品を運送することがあった。…

※「仲買」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仲買の関連キーワード玉塚 栄次郎(1代目)升屋平右衛門(初代)佐羽吉右衛門(初代)近江屋長兵衛(初代)藤本清兵衛(初代)くにさき銀たち丸岡 為之助籠橋 休兵衛阿部 徳三郎マルハ[株]小布施新三郎松下 久治郎栗生武右衛門ドレクセル長田作兵衛籠橋休兵衛古今亭三鳥下り米問屋三浦芳治郎亀田介治郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仲買の関連情報