コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎会所 ながさきかいしょ

6件 の用語解説(長崎会所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長崎会所
ながさきかいしょ

江戸時代,長崎貿易を独占的に自治,統制した商人の機関。初め京都,堺,大坂,江戸,長崎の商人で構成する糸割符 (いとわっぷ) 仲間が五ヵ所商人会所を組織して生糸を扱ったが,延宝3 (1675) 年市法会所,貞享2 (85) 年割符会所となり,元禄 11 (98) 年長崎会所と改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ながさき‐かいしょ〔‐クワイシヨ〕【長崎会所】

江戸時代、長崎における貿易統制や会計事務などを扱った会所。長崎商人の自治団体で、長崎奉行の監督を受けた。→長崎貿易

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

長崎会所【ながさきかいしょ】

江戸時代,長崎貿易を独占し長崎市政も行った機関。長崎奉行の支配下に長崎町年寄以下の地役人が会所役人となり,糸割符(いとわっぷ)商人などで構成。初め糸割符仲間で組織され五箇所会所と称したが,1698年長崎会所に再編された。
→関連項目長崎[市]長崎貿易抜荷

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ながさきかいしょ【長崎会所】

1698‐1867年(元禄11‐慶応3)の長崎で,中国やオランダとの貿易,利銀の幕府運上や市中配分などの総勘定所で,幕府勘定所・長崎奉行の支配下にあった市政機関。初めは少人数であったが急増し,五ヵ所糸割符会所,代物替(しろものがえ)会所,雑物替(ぞうもつがえ)会所などを吸収して,1734年(享保19)元方・払方の2部局制をとり組織・機能が確立した。筆頭の町年寄・町乙名(おとな)が昇格した会所調役・目付以下,役株世襲の吟味役,請払役,目利,筆者など,1853年(嘉永6)には232人。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ながさきかいしょ【長崎会所】

江戸時代、長崎における町年寄・商人を主体とする自治組織的な要素をもった一種の貿易事務所。1698年以降1867年まで、長崎奉行の監督下で、長崎貿易および長崎市政を扱った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長崎会所
ながさきかいしょ

江戸時代、長崎貿易を運営するため組織された商人の機関。1631年(寛永8)京都、堺(さかい)、長崎、江戸、大坂の五か所糸割符(いとわっぷ)が行われると、糸割符仲間は五か所商人会所を組織して、生糸の買付け、配分を行った。その後、貿易制度の変遷とともに、市法(しほう)会所(1675)、割符会所(1685)と改められ、1698年(元禄11)の改正で長崎会所と称された。中国、オランダ貿易を独占的に行い、利益金の一部は、運上金として幕府に納め、一部は地下(じげ)配分銀として町民に配分した。また銅、樟脳(しょうのう)は市価以下で輸出したため、その差額を利益金から補給した。会所は長崎奉行(ぶぎょう)の監督下にあり、主要な役人調役は町年寄が兼ね、町政にも関与した。[永積洋子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長崎会所の言及

【抜荷】より

…例えば武器は1634年(寛永11)輸出は禁止され,外国貿易での抜荷にあたる。俵物三品(いりこ,干しアワビ,ふかのひれ)は1785年(天明5)長崎会所以外の者が生産者から買うことは禁止されたので,それ以外の者と取引するのは国内貿易での抜荷である。この場合および次の(2)の場合は抜買ともいった。…

※「長崎会所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長崎会所の関連キーワード千家尊晴田中松斎高倉嗣章竹村鶴叟丹鶴舟森大狂薮嗣章岸誠堀直為森長継

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone