抵当直流れ(読み)テイトウジキナガレ

大辞林 第三版の解説

ていとうじきながれ【抵当直流れ】

債務が弁済されない場合、特約によって、抵当物件の所有権が債権者に移転すること、あるいは債権者が任意に換価して弁済にあてること。流りゆう抵当。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる