コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所有権 しょゆうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

所有権
しょゆうけん

法律的には,特定の物を直接かつ全面的に支配しうる権利をいう (民法 206) 。私有財産制度の中核的存在である。物に対する人の現実的支配関係は古くから一定の法律的保護を受けてきた。しかし,近代的所有権の特徴は,(1) 支配しうる権能として現実的支配とは無関係に存在し (観念性) ,(2) 所有者個人の完全な独占的支配権であり (私的性質) ,(3) また不可侵なものとされているところにある。それゆえ,その侵害に対しては妨害排除請求権 (いわゆる物権的請求権) が認められ,それは消滅時効にはかからない。所有権の制限としては,(1) その制限が所有者の意思に基づく場合 (地上権,抵当権などの制限物権の設定) ,(2) 法律の規定に基づく場合 (たとえば不動産の所有権者の相隣関係) ,(3) 法律の解釈適用に基づく場合 (権利濫用理論など) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょゆう‐けん〔シヨイウ‐〕【所有権】

物を全面的に支配する物権法令の制限内で、目的物を自由に使用収益・処分できる権利。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

所有権【しょゆうけん】

物を全面的に支配できる物権で,所有者は法令の制限内においてその所有物を自由に使用・収益・処分できる(民法206,207条)。財産権の中心をなす。地上権永小作権などによって制限されることがあっても,これらの制限は有限であるから,所有権は全面的支配に復する弾力性を有する。
→関連項目取得時効制限物権占有権滌除持分

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょゆうけん【所有権 property】

特定の物を排他的に支配し,使用・収益および処分の機能を有する権利。〈排他的に〉ということは,その権利を何ぴとに対しても主張しうるし,その権利を侵害された場合,排除しうることを意味する。〈支配する〉は〈請求する〉に対立し,権利行使態様に関する表現である。債権が,特定人が他の特定人に対し一定の行為を請求する権利であるのに対し,物権に属する所有権は特定の物を排他的・全面的に支配する権利である。物とは有体物,たとえば動産・不動産をいう(民法85条)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょゆうけん【所有権】

特定のものを自由に使用・収益・処分することのできる権利。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

所有権
しょゆうけん

物を自由に使用・収益・処分できる物権(民法206条)。所有権以外の物権が、土地を耕作するとか、競売をして債権の弁済にあてるとか、一定の目的で一定の範囲においてしか物を支配しない権利(制限物権)であるのに対して、所有権は物を全面的に支配する権利である。物権のなかでもっとも強力な権利であり、私有財産制度の中核をなす。所有者は、目的物を自ら使用することができるほか、対価を得て他人に利用させることも、担保に入れることも自由である。後の二つの場合には、所有権の行使が制限されることになるが、この制限は一時的なものにすぎず、いずれはもとの完全な姿に戻るべきものと考えられている(これを所有権の弾力性という)。また、所有権は、これを行使しなくても、他の権利のように時効によって消滅しないものとされている(これを所有権の永久性という)。しかし、このような所有権の観念は、歴史の過程のなかにおいてつくられたものであり、古今を通じて不変のものであるわけではない。封建制度の時代には、物とくに土地について、ある人の全面的な支配権が認められることはほとんどなく、あるいは領主や貴族のさまざまな特権によって拘束を受け、あるいは共同体の規制によって制限されていた。それらの制限拘束が撤廃され、自由な所有権が確立したのは近代になってからである。フランスの人権宣言(1789)では、所有権は「不可侵にして神聖な」権利として市民の基本的な権利の一つと考えられた。このように所有権を絶対的なものとする考え方は、当時発展しつつあった資本主義経済の要請にもこたえるものであった。しかし、資本主義経済が進み、社会的な諸矛盾が発生すると、所有権の絶対性にも疑問がもたれてきた。今日では、所有権といえども無制約の天賦人権の一つなのではなく、社会的目的によって内容を規定され、その行使が限界づけられる権利にすぎないと解されている。
 日本の憲法においても、所有権は強く保障されているが(29条1項・3項)、その内容は公共の福祉に従うものとして制限されているし(29条2項)、民法でも、所有権の行使は法令の制限に服するものとされている(206条)。そのほか、所有者が所有権をその社会的目的に反して行使するような場合には、権利の濫用として違法となることもあり(民法1条3項)、文化財保護・産業育成・都市計画・公共事業などの目的のために、私人の所有権を制約する立法もしだいに多くなりつつある。
 なお、所有権が所有権者以外の者によって侵害され、あるいは侵害されそうな場合には、所有権に基づくいろいろな請求権によって救済される。[高橋康之・野澤正充]

所有権の取得

所有権を取得する態様には、時効取得・無主物先占・添付(てんぷ)のように他人の権利に基づかないで取得する原始取得と、売買・贈与などの契約により、あるいは相続によるなど、他人の権利を承継する承継取得の二つがある。日常われわれが所有権を取得するのは、後者による場合が多い。わが国では、契約によって所有権を移転する場合には、所有権移転の意思表示だけで足り、登記などの方式は、所有権の移転を第三者に対抗する手段にすぎないとされている(民法176条~178条)。相続の場合には、被相続人の財産は被相続人の死亡と同時に相続人に移転する(同法882条・896条)。なお、相続人が複数のときは共有となる(同法898条)。[高橋康之・野澤正充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の所有権の言及

【知行】より

… このように,知行は中世の所有法体系にとって中核的意味をもったので,これまで法制史学上,その法的性質をめぐって論争がくりひろげられてきた。この時代には,近代法にあるような抽象的な所有権の観念がなく,ひとびとは〈○○職が何某の所有権に属する〉とか〈○○職について何某が所有権をもっている〉とかいういい方はせず,〈何某が○○職を知行する〉〈何某が知行する○○職〉と表現した。ある職の帰属をめぐって,現実の知行者=〈当知行〉者(A)と取り戻そうとする者=〈不知行〉者(B)との間に紛争が起きたとき,Bは〈Aの知行には由緒がなく,自分に知行すべき由緒がある〉という趣旨の請求をし,Aは〈自分の知行には由緒がある〉と反論して争い,裁判所は〈A(またはB)が知行すべきである〉という判決を下すのが一般的であった(年紀法)。…

※「所有権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

所有権の関連キーワードパブリックドメイン・ソフトウェア工業所有権情報・研修館世界知的所有権機関建物の区分所有オーナーシップTRIPS協定表題部所有者工業所有権INPIT区分所有者知的所有権一筆の土地TRIPS分割所有権無体財産権登録免許税知的財産権保存登記表題登記管理組合

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

所有権の関連情報