抵当(読み)テイトウ

デジタル大辞泉の解説

てい‐とう〔‐タウ〕【抵当】

権利や財産を、借金などの保証にあてること。また、そのもの。担保。かた。「家を抵当に入れる」
抵当権目的物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていとう【抵当】

借金の際、借り主が自分の財産や権利を貸し主への保証に当てること。また、その保証に当てられた物など。抵償。担保。かた。 「土地を-に金を借りる」
〘法〙 抵当権の目的物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てい‐とう ‥タウ【抵当】

〘名〙
① (━する) 二つの物のあいだの程度や比重などが、ちょうどよくつりあっていること。
江戸繁昌記(1832‐36)五「粉頭本事を逞ふす。那のか一人抵当し得ん」
② 自分の権利や財産を、金銭などを借りたとき貸し手への保証にあてること。また、そのもの。ひきあて。かた。担保。抵償。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
質屋から金銭を借りるときのかた。しちぐさ。しちもつ。
④ 抵当権の目的物。民法で、不動産、地上権永小作権などが認められている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の抵当の言及

【質】より

…その意味で身代(みのしろ)は質の原型の一つを示している。質権
[古代]
 律令法における質は,占有質と無占有質(こんにちの質と抵当)とを含んだものであり,また動産質と不動産質を区別していなかった。奈良時代の月借銭(げつしやくせん)などでは,動産,不動産が質物としてあげられている。…

※「抵当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抵当の関連情報