抽繹・紬繹(読み)ちゅうえき

  • ちゅうえき チウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 引き出すこと。ぬき出すこと。
※菅家文草(900頃)六・賦新煙催柳色「因風次第任抽繹、過雨参差且展張」
② 糸口をさがして、物事を明らかにすること。端緒を引き出して、そこから演繹すること。
※童子問(1707)上「孟子之書、以仁義其首脳、七篇之中、無一字不此二字紬繹出来」 〔帰有光‐隆慶元年浙江程策之一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android