コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅家文草 かんけぶんそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菅家文草
かんけぶんそう

平安時代前期の漢詩文集。菅原道真著。 12巻。昌泰3 (900) 年,道真が醍醐天皇に献上した家集で,それまでの自己の作品を集めて時代順に配列したもの。侍宴や贈答離別即興の詩などがあり,流麗優美な詩風特色散文は事務的な論文と芸術的な美文に分れる。当時最高の学者,詩人であった作者の姿をうかがうことができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんけぶんそう〔クワンケブンサウ〕【菅家文草】

平安中期の漢詩文集。12巻。菅原道真著。昌泰3年(900)成立。前半に詩468編、後半に奏状願文などを収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

菅家文草【かんけぶんそう】

菅原道真の漢詩文集。900年成立。全12巻。巻6までに468首の漢詩,巻6以下に169編の散文を収載。詩はほぼ制作年代順にまとめてあり,文は四六駢麗体(駢文)が中心,祭文・記・詩序・書序・策問・対策・詔勅・奏状・願文(がんもん)などジャンル別に分類してある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんけぶんそう【菅家文草】

菅原道真の漢詩文集。12巻。900年(昌泰3)成立。前半6巻は詩468首を年次順に,後半6巻は散文161編をジャンル別に集める。道真は政府高官であった得意時代,〈月夜桜花を翫(もてあそ)ぶ〉(385),〈殿前の薔薇を感(ほ)む〉(418)など艶冶巧緻の作を多く詠む(作品番号は《日本古典文学大系》所収のものによる)。なかんずく,〈春娃(しゆんわ)気力無し〉(148),〈催粧〉(365)の詩と序は,宮廷専属歌舞団の舞姫の官能的な姿態を描いて,王朝妖艶美の頂点に立つもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんけぶんそう【菅家文草】

漢詩文集。一二巻。菅原道真作。900年成立。前半六巻は詩、後半六巻は賦・銘・賛・奏状・願文など。正称は「道真集」。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菅家文草
かんけぶんそう

菅原道真(すがわらのみちざね)の漢詩文集。12巻。900年(昌泰3)8月、自ら編纂(へんさん)して醍醐(だいご)天皇に献呈した。成立の事情は道真の「家集を献ずる状」に詳しい。現存本は成立時の原形をほぼそのまま伝えている。巻1から巻6までは詩、巻7から巻12までは散文で、468首の詩と、賦(ふ)・序・詔勅・奏状・願文(がんもん)等の多様な文体の散文159首とを収める。平安朝漢詩人の詩文集としてもっとも大部なものである。11歳時の初めての詩作から成立の年の春まで45年間の作を収めるが、詩は年代順に配列されており、30余年の詩人の心の軌跡を読み取ることができる。「家を離れて四日自ら春を傷(いた)む 梅柳(ばいりゅう)何に因(よ)りてか触るる処(ところ)に新たなる 為(かるがゆえ)に去来の行客の報ずるに問ふ 讃州(さんしゅう)の刺史(しし)は本より詩人なり」(駅楼の壁に題す)。[後藤昭雄]
『川口久雄校注『日本古典文学大系72 菅家文草・菅家後集』(1966・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

菅家文草の関連キーワード雪を回らす惟喬親王安倍興行菅家後集巨勢金岡うたがた本朝文粋藤原菅根此の君弘文院源厳子源能有源済子漢文学消息計会霏霏五夜家学殿下

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android