コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抽象神 ちゅうしょうしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抽象神
ちゅうしょうしん

宗教学上,抽象的性質,行為などを神に見立てているものをいう。たとえば,セム族の運命の神マナート,エジプトの真理の神マートローマの自由の神リベルタスインドの法の神リタ,中国の季節支配の神五帝などがそれであるとされる。しかし,発生的には,原始的神が象徴化されて抽象神的性格となることもある。また抽象神は思惟の発達によって,その神的性質を失って原理化される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone