コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抽象神 ちゅうしょうしん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抽象神
ちゅうしょうしん

宗教学上,抽象的性質,行為などを神に見立てているものをいう。たとえば,セム族の運命の神マナート,エジプト真理の神マートローマの自由の神リベルタス,インドの法の神リタ,中国の季節支配の神五帝などがそれであるとされる。しかし,発生的には,原始的神が象徴化されて抽象神的性格となることもある。また抽象神は思惟の発達によって,その神的性質を失って原理化される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android