コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

担税者 タンゼイシャ

大辞林 第三版の解説

たんぜいしゃ【担税者】

税金を実際に負担するもの。間接税では、納税義務者とは一致しない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の担税者の言及

【納税義務者】より

…自然人・法人のみならず,権利能力なき社団・財団も納税義務者とされる場合がある(国税通則法3,7条,法人税法3,4条等)。納税義務者は,経済的に租税を負担する担税者とは必ずしも一致しない(たとえば,〈消費税〉・酒税等の間接消費税の場合は,事業者,製造業者等が納税義務者とされているが,担税者は消費者である)。源泉徴収義務者のように他人(納税義務者)の租税を徴収して納付する義務を負う者(徴収納付義務者)は納税義務者ではない。…

※「担税者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

担税者の関連キーワードミール(ロシアの共同体)直間比率消費税租税国検

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android