コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納税義務者 のうぜいぎむしゃ

世界大百科事典 第2版の解説

のうぜいぎむしゃ【納税義務者】

租税法律の規定により租税を納付する義務(納税義務。租税債務ともいう)を負担する者のこと。租税債務者ともいう。課税物件(課税の対象のこと),課税物件の帰属,課税標準,税率等とならんで課税要件の一つとされている。自然人・法人のみならず,権利能力なき社団・財団も納税義務者とされる場合がある(国税通則法3,7条,法人税法3,4条等)。納税義務者は,経済的に租税を負担する担税者とは必ずしも一致しない(たとえば,〈消費税〉・酒税等の間接消費税の場合は,事業者,製造業者等が納税義務者とされているが,担税者は消費者である)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

納税義務者の関連キーワード個人県民税の減税条例案売却資産の固定資産税タックスペイヤー電源開発促進税死因贈与と税トランプ類税源泉徴収制度賦課課税制度砂糖消費税石油ガス税地方道路税ガソリン税消費税法特別徴収たばこ税揮発油税扶養控除雑損控除確定申告総合課税

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android