納税義務者(読み)のうぜいぎむしゃ

世界大百科事典 第2版「納税義務者」の解説

のうぜいぎむしゃ【納税義務者】

租税法律の規定により租税を納付する義務(納税義務租税債務ともいう)を負担する者のこと。租税債務者ともいう。課税物件(課税の対象のこと),課税物件の帰属,課税標準税率等とならんで課税要件の一つとされている。自然人・法人のみならず,権利能力なき社団財団も納税義務者とされる場合がある(国税通則法3,7条,法人税法3,4条等)。納税義務者は,経済的に租税を負担する担税者とは必ずしも一致しない(たとえば,〈消費税〉・酒税等の間接消費税の場合は,事業者,製造業者等が納税義務者とされているが,担税者は消費者である)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android