審理(読み)シンリ

デジタル大辞泉の解説

しん‐り【審理】

[名](スル)
事実や条理を詳しく調べて、はっきりさせること。
裁判の対象になる事実関係および法律関係を裁判所が取り調べて明らかにすること。「事件審理する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんり【審理】

( 名 ) スル
取り調べをして、物事のすじみちを明らかにすること。 「事件を-する」
裁判の基礎となる事実関係や法律関係を明確にするために、裁判所でなされる一切の取り調べ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

審理の関連情報