審理(読み)しんり

精選版 日本国語大辞典「審理」の解説

しん‐り【審理】

〘名〙
① 事実や条理をくわしく調査し、あきらかにすること。
裁判所などが、ある事柄の事実関係および法律関係を取り調べて明らかにすること。
※伊藤特派全権大使復命書附属書類(1885)天津談判「双方より提供する証拠に就(つい)理を経、裁決を下すべきのみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「審理」の解説

しん‐り【審理】

[名](スル)
事実や条理を詳しく調べて、はっきりさせること。
裁判の対象になる事実関係および法律関係を裁判所が取り調べて明らかにすること。「事件を審理する」
[類語](1調査調べる検分研究探る洗う当たる探査踏査精査詮索せんさくする探索分析調べ鑑査監査審査検討吟味けみするリサーチアンケート/(2裁判訴訟公判審判調べる取り調べるただ尋問審問査問詮議せんぎ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「審理」の解説

【審理】しんり

よく調べて処理する。〔金史、章宗紀三〕五壬辰を以て、下詔して躬(み)を責め、直言求む正殿け、を減じ、(ゑんごく)を審理す。

字通「審」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android