審理(読み)しんり

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐り【審理】

〘名〙
① 事実や条理をくわしく調査し、あきらかにすること。
② 裁判所などが、ある事柄の事実関係および法律関係を取り調べて明らかにすること。
※伊藤特派全権大使復命書附属書類(1885)天津談判「双方より提供する証拠に就(つい)て審理を経、裁決を下すべきのみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐り【審理】

[名](スル)
事実や条理を詳しく調べて、はっきりさせること。
裁判の対象になる事実関係および法律関係を裁判所が取り調べて明らかにすること。「事件審理する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android