拙吟(読み)セツギン

大辞林 第三版の解説

せつぎん【拙吟】

へたな詩歌。へたな吟声。
自分の詩歌、または吟声をへりくだっていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android