持殺(読み)もちごろし

精選版 日本国語大辞典の解説

もち‐ごろし【持殺】

〘名〙 持っているのに利用しなかったり、利用できないものになったりしてしまうこと。持ち腐れ。
※浮世草子・咲分五人娘(1735)二「正直のあざのもちごろしに成て、一もとらず、太鼓の二もとらずに成て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android