コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指南針 しなんしん

大辞林 第三版の解説

しなんしん【指南針】

磁石のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の指南針の言及

【航法】より

… また針路と航走距離から推測位置を求めることも,コンパス(羅針儀)などの利用で一般化していった。このコンパスは,中国で指南針と呼ばれ,11世紀に航海用として用いられており,これがヨーロッパに伝えられたといわれている。コンパスの出現以前は,方位の基準として北極星や太陽などを用いていたので,天候や時刻に利用が左右されていたが,コンパスの出現で四六時中方位の基準を得ることが可能となった。…

【方位】より

…そして太陽の光が地面に投ずる土圭の影を測定して,南北の子午線と東西の緯線を知り方位としたという(《周礼》大司徒)。そして戦国時代には指南針があらわれた。《論衡》によれば,天然磁石である司南の杓(さじ)を地盤の上に投ずれば,南を指して落ちつくという仕掛けであった。…

※「指南針」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

指南針の関連キーワード磁石

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android