指南針(読み)しなんしん

精選版 日本国語大辞典の解説

しなん‐しん【指南針】

〘名〙 =じしゃく(磁石)(一)③
※博物新編訳解(1868‐70)〈大森秀三訳〉二「指南針の小物の如きも、亦まさに地と相陰陽すべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の指南針の言及

【航法】より

… また針路と航走距離から推測位置を求めることも,コンパス(羅針儀)などの利用で一般化していった。このコンパスは,中国で指南針と呼ばれ,11世紀に航海用として用いられており,これがヨーロッパに伝えられたといわれている。コンパスの出現以前は,方位の基準として北極星や太陽などを用いていたので,天候や時刻に利用が左右されていたが,コンパスの出現で四六時中方位の基準を得ることが可能となった。…

【方位】より

…そして太陽の光が地面に投ずる土圭の影を測定して,南北の子午線と東西の緯線を知り方位としたという(《周礼》大司徒)。そして戦国時代には指南針があらわれた。《論衡》によれば,天然磁石である司南の杓(さじ)を地盤の上に投ずれば,南を指して落ちつくという仕掛けであった。…

※「指南針」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android