コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁石 じしゃくmagnet

翻訳|magnet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁石
じしゃく
magnet

磁場を生じさせるもの。磁針のこともいう。強さの等しいN極S極の2つの磁極をもつ。MK鋼アルニコフェライトなど保磁力が大きい強磁性体残留磁化を利用した永久磁石と,軟鉄芯をもつソレノイドに電流を通じて磁場をつくる電磁石とがある。強い一様な磁場を得るには2つの磁極の面を互いに平行にして,わずかのすきまを保てばよい。これらの磁性体を用いる磁石の磁場は2~3T (テスラ ) 程度が限度で,それ以上の磁場をつくるには空芯のソレノイドに大電流を流す。高水圧でコイルを冷却しながら電流を流す電磁石と,液体ヘリウム温度に冷却した超伝導コイルに大電流を流して 10T以上の強磁場をつくる超伝導磁石がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じ‐しゃく【磁石】

鉄を引きつける磁力をもつ物体または装置。永久磁石・電磁石など。
地磁気を感じて南北を指す性質を利用した方位測定具。磁気コンパス磁気羅針盤。
天然に産する磁力をもつ鉱石。主に磁鉄鉱。じせき。

じしゃく【磁石】

狂言。遠江(とおとうみ)の某が、大津松本の市で人買いにだまされそうになって逃げるが、人買いが太刀を抜いて追いかけてくるので、自分は磁石の精だと名のって太刀を取り上げる。

じ‐せき【磁石】

じしゃく(磁石)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

磁石【じしゃく】

鉄粉を引きつける程度に磁気を帯びた物体。一般に強磁性体はほかの磁石または電流の磁場内に置くと磁化して磁石の性質を示すが,残留磁化と保磁力(磁気ヒステリシス)の大きい物体(鋼,特に磁石鋼)は外からの磁場をとり去っても磁石の性質が残り,永久磁石と呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

タレントデータバンクの解説

磁石


グループ
磁石

グループメンバー
佐々木 優介/永沢 たかし

ブログタイトル
磁石・永沢たかしオフィシャルブログ「ドライブイン・ナガサワ」

ブログURL
http://ameblo.jp/nagasawatakashi/

職種
お笑い

プロフィール
佐々木優介(広島県出身)と永沢たかし(秋田県出身)からなるお笑いコンビ。主に漫才を行う。TVやライブで活動。主な出演作品に、NHK『爆笑オンエアバトル』、日本テレビ『ラジかるッ!』『エンタの神様』、TBS『はなまるマーケット』、WEBラジオニッポン放送『磁石のオールナイトニッポンモバイル』など。NHK『爆笑オンエアバトル』では、チャンピオン大会出場やゴールドバトラーを獲得した経歴をもつ。

代表作品
TwellV(BS)『磁石のケータイハンター』レギュラー(2013) / DVD・ビデオ『ラッキーセブン』(2013) / インターネットラジオ『磁石のオールナイトニッポンモバイル』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じしゃく【磁石 magnet】

磁極をもつ物体のこと。広くはこれと同様な磁場を作り出す装置も含める。前者には,天然のもの(磁鉄鉱など),人工的にフェライトなどに磁化を与えてつくったものがある。磁石のもつ性質としては,おおまかには,鉄に対する牽引性,磁石どうしの間の相互的牽引性と反発性(極性),北を指す性質(指極性)などをあげることができる。古代社会でも磁石の存在は広く人々の注意をひいていたことは確かで(中国に関しては後述),ギリシアでも,さまざまな呼名があったらしい。

じしゃく【磁石】

狂言の曲名。雑狂言,すっぱ物。大蔵,和泉両流にある。遠江(とおとうみ)国の見付(みつけ)から上京するいなか者が,大津松本の市を見物していると,人売りを稼業とするすっぱがことば巧みに近づき,いなか者を定宿へつれ込む。宿の亭主は実は人買いで,すっぱからいなか者を買う契約を交わす。この相談を盗み聞きしたいなか者は,先回りして金を受け取り逃げ去る。あとを追ったすっぱが,太刀を抜いて振り上げると,いなか者はとっさの機転で,自分は磁石の精だと名のり,太刀をひと口に呑んでしまうとおどかす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じしゃく【磁石】

鉄粉を吸いつける程度以上の磁気力をもつ物体。外部の磁場を除くと磁性を失う一時磁石と、磁性を失わない永久磁石とがある。マグネット。
円板に方位を目盛り、磁針をその中心で回転させ、地球磁場によって方位を測る器械。コンパス。
磁性を有する天然の鉱石。磁鉄鉱・赤磁鉄鉱など。じせき。
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の磁石の言及

【水運】より

…このような海運の発展の蔭には,輸送技術の発達が存在した。鎌倉時代までは,船の大きさも前代とあまり変りなかったが,室町時代になると船も大型化して,千石船もかなり一般化し,準構造船より構造船へと移行しつつあり,磁石の使用も知られるようになった。これらを背景に船の賃貸その他海上運行を取りきめる海法が自然発生的に生まれたが,室町末成立のいわゆる《廻船式目》は当時のヨーロッパの海法をしのぐ高度の内容をもつものとされる。…

【磁石】より

…前者には,天然のもの(磁鉄鉱など),人工的にフェライトなどに磁化を与えてつくったものがある。磁石のもつ性質としては,おおまかには,鉄に対する牽引性,磁石どうしの間の相互的牽引性と反発性(極性),北を指す性質(指極性)などをあげることができる。古代社会でも磁石の存在は広く人々の注意をひいていたことは確かで(中国に関しては後述),ギリシアでも,さまざまな呼名があったらしい。…

※「磁石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磁石の関連キーワード磁石(磁力をもつ物体)サマリウムコバルト磁石ペトルス・ペレグリヌスペトルス・ペレグリヌスネオジム鉄ボロン磁石希土類・コバルト磁石希土類コバルト磁石ハードフェライトプラスチック磁石プラセオジム磁石永久磁石同期機レアアース磁石永久磁石直流機サマコバ磁石マグネット鋼ネオジム磁石マグネット異方性磁石等方性磁石希土類磁石

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磁石の関連情報